名もない花が咲くことさえも

昨晩ちょっと混乱が激しかったので
自制の意味を込めてお薬で落ち着く.
ずうっと布団の中で,リビングから
漏れ聞こえてくるニュースを聞いて
さまざまことが深刻な状態であると
知ったような知らないような感じで.
映像を見る気力が出ませんでしたが
知らないことはもっと悪いことだと
思います.結果どうしたらいいのか.

こんな日でも荷物は届き,夜が来て,
朝が来るのだ.時計が回り,時間が
過ぎれば生きている限り食事をして,
どんなに不安でも生きていかないと
いけないのです.義務とか権利とか
そういうことはあとで考えることに
しておいて,今できることをしよう.

あまり空腹という気分ではないけど
いいから食っとけと周囲に嗜められ
流されるように食べる.ただ生命が
途切れないようにどんな悲しくても
食べなさい,と.生きていた時間の
ぶんだけ自分の命が大切なのだから.

家に帰って,ニュースを直視できず
やっぱり手作業をしながら耳で聞く.
手で入力しているのは昔の歌の歌詞.
昨日がどんなでも,今日がどれだけ
つらいことが起こっても,それでも
明日咲く花のために朝を迎えないと.
いつかではない明日,誰かではない
自分で咲かせることが必要なのです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください