恐怖の頭脳改革

昨夜は準備万端整えて存分に早寝を
したのですが,その後中途覚醒して
ふりだしに戻る.午前二時半ほどで
起きてしまい,そこから睡眠リズム
ぐちゃまぜですよ.結局そのままで
朝を迎えてしまってげっそりさんの
気分です.ともあれ朝になりました.

同居のひとはいまだまだぐっすりと
睡眠をとっている.うらやましいな.
昼前にようやく起きてきてそれじゃ
お昼ごはんの買い出しに付き合って
くれたらうれしいな,と持ちかける.

車を出してもらいます.結局昼食は
外で食べることにして,買い物だけ
わちゃわちゃと.食品を買い込んで
これでまたしばらく外に出なくても
済むぞという備蓄をする.よっしゃ.

同居のひとはその後昼寝して,また
夕方まで寝るとのこと.お疲れさま.
ぼくはぺろぺろと本を読んでました.
やがて同居のひとが出かける準備を
しはじめたのでそれをちょい手伝う.
それじゃどうぞ行ってきてください.

ひとりごはんをじゃくじゃくと作り
食べ終わったあたりでやっと眠気が.
こんなところで寝てはいけないとは
思いつつも身体は正直だなとばかり
リビングのストーブ前で横たわって
寝てました.気づくと同居のひとが
帰ってきていて,連絡に返事ないし
帰宅してドアを開けたら横になった
足だけが見えてすごく怖かったとの
ことでした.えっと,ごめんなさい.

お風呂の支度をして,それから薬を
ピルケースに詰め込む作業をします.
二週間分がっちょり詰めていきます.
それが終わったら今日の薬を服んで
また睡眠という名の戦いに赴きます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください