気づいてしまったので

午前六時過ぎ.目を醒ましたけれど
すごく.身体が.重くて.つらくて.
いったんお手洗いに入ったのですが
座ったままでうとうとしそうになる.
ここで寝てたまるかと立ち上がって
部屋に戻りましたが,もう限界です.
そのままリビングで寝入る始末です.

同居のひとが起きるアラームが遠く
聞こえます.朝ごはん作らなきゃね.
むぐっと起き上がりふらふらしつつ
台所で作業.それでは一緒に食べよ.

食べ終わって皿を片づけ,続いては
同居のひとが出かける支度を手伝う.
今日は少し遅くなるかもしれないと
いうことで,では適当に待ってます.

行ってらっしゃい.見送ったらもう
眠気の波に襲われて.寝なおします.

そして再度目が醒めたら結構な時刻.
必要な作業をちょこちょことやって
体力というより理力というか精神を
ごりっごりに削られる.疲れ果てた
消耗しきったやりきった,というね.
もう今日はこれ以上は無理,なので
ほかの作業の量を減らして対応する.

同居のひとから連絡あり,だけども
今日は疲れ果て過ぎていて出かける
気力がありません.なのでなにやら
食材を買ってきてくれませんか,と
お願いをする.どうにもすみません.

ご帰宅.それじゃ材料を適当に調理,
ではお食べくださいお食べください.
ぼくは食欲もあんまりなく結果的に
控えめな量の晩ごはんとなりました.
ここからおやつなんか食べたりせず
お薬服んで食欲より睡眠欲を大きく
育てればいいのですよ.おそらくね.

お風呂の支度をして,ぐったり休む.
もう今日のことは考えたくないので
沈んだ心の澱を鎮めて静かに寝ます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください