逸脱しているひとたち

同居のひとが起きて,がさごそした
物音で目が醒める.おはようさまで
ございます.行ってもらうその途中
悪いけどごみ袋をひとつ持ってって
もらえませんか.ぼくもそれに続き
いくつかいくつか捨てに行きますし.
台車に乗せてがらごろ捨てに行くと
ちょうど回収車が来たところでした.
危なかった.いや本当に危なかった.

部屋に戻ってもぞもぞと.だけども
眠気がやってきて,緩くまどろんで
しまいました.長い長い夢を見たら
昼過ぎにやっと身体がスタンバイを
いたしました.はい,動きましょう.

自室でてとてと作業をしてましたが,
夕方早くに同居のひとが帰ってくる.
夕方というか,まだ昼の途中という
時刻です.ずいぶんお早いお帰りで
お疲れさまです.お出かけするには
まだ早いから,しばらくはお互いに
自分の部屋でそれなりのことをして
過ごします.だけどふっと気づけば
いつのまにやら費は落ちていました.
いけませんね,晩ごはんに行こうね.

あそこやらここやらで話し合ったら
行くお店を決めます.今日はだいぶ
空いていました.寒いですからねえ,
みんな家に引っ込んでるのかもです.
そんなことは歯牙にも掛けず入店し
席に通されます.もぐもぐもぐもぐ.
おいしくいただき,コンビニなどに
寄ってから帰りましょう.おやつを
ちょこちょこと買って家路につくよ.

ポストには大したものはありません,
ゆるーりと時間を過ごします.途中
同居のひとと大きなテレビを一緒に
堪能して,あとはお風呂の支度など.

しばらくしてからお湯に浸かります.
ぐったり.今日は特にこれといった
動きはしていないのに,気疲れして
しまいました.きっと先日の録画を
見直して自罰的になってるのですね.
それではお薬を呷って,寝ましょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください