春はまどろみ

それはそれは昨夜の話.どうしても
眠れなくて首をひねっておりました.
これはもしやと思っておふとんから
いったん離れ,薬箱を覗いてみます.
もしかしたら服み忘れていたのかも
しれない,と過去の自分を信じずに.
だけどちゃんと服んでいた様子です.
これは困った,ということであまり
気は進まないのですが,余った薬を
数粒追加で飲み込む.そのおかげで
たっぷりゆっくりどっぷり眠ります.

お昼過ぎに同居のひとに起こされる.
お昼ごはん食べに行くよ,とのこと.
はい,それじゃくっついていきます.
車に乗せられてかろうじて昼ごはん.
その後同居のひとの希望でドライブ.

だけども眠くて眠くてしかたなくて
助手席の背もたれを存分に倒します.
そしてぐうぐう.同居のひと一緒に
出かけるドライブの時にはよくある
風景です.ひとによっては助手席で
寝こけられると不快だという向きも
見られるようですが,同居のひとは
そういうこと気にしないみたいです.

途中で何度かサービスエリアに寄り
休憩したようですが,ぼくはずっと
車から出ずに横になっておりました.
どうやら新しく道が開通しただとか
いうことで,そこに乗れてたいそう
楽しかったようです.なんだかその
楽しみを共有できなくってごめんね.

ちょっとだけ起きたら晩ごはんなど
食べに行く.むしゃむしゃもぐもぐ.
主催からデザートまで,しっかりと
いただいたらまっすぐ家に帰ります.

さてさて,リビングで同居のひとは
ゲームをスタートさせておりました.
ぼくはそれを見物するために.横で
ころりんと寝そべって.そうすると
またやってくるのです,眠気さんが.
抗わずそのまま空気が抜けるように
眠り込み,気づくとあっというまに
夜も夜,とっぷりですよ.それでは
お風呂の支度をいたします.あまり
あわてなくてもいいけれど,心逸る.

とぷっとお湯を入れたら,今日こそ
通常営業で眠れるように薬を再確認.
大丈夫かな,大丈夫ですか,ですね.
明日までにやるべきことはしっかり
終えているので,安心して寝ますよ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください