星のすべてが彼の夢

朝起きる.良い朝です.それじゃあ
新しい年を寿ぎましょう.といって
することは特にないんですけれどね.

簡単な朝ごはんを食べてのんびりと
過ごしていると,同居のひとも起床.
これから出かけるそうなので,では
行ってらっしゃい.ほんのちょっと
お出かけの支度を手伝い,それでは
どうぞ気をつけて.ぼくはもう一度
寝なおしましょう.おふとんに戻り
一瞬で寝ます.ほどよい気分ですよ.

夕方に起きたら,録画したテレビの
音楽番組を見る.ほんの一時間強の
番組でしたが,童心に帰れましたね.

蓄積されてる番組を少し消化せねば
ならぬのですが,あんまりひとりで
テレビ見る習性がないものですから.
三十分を十三回観るのは大変なこと.
だからといって,せっかくの録画を
消すのももったいない話でジレンマ.

メッセージ音が鳴動する.まだまだ
家からは遠いですが,車でころころ
近づいてきているようです.急がず
あわてず,ゆったりゆっくりと,ね.

同居のひとが帰ってきたら,少しは
年始らしいことをしようと縁起物を
並べます.食べちゃってくださいな.
おみやげを調理してもらって食べる.

さて,これからまた一年,なにとぞ
よろしくなのですよ.お薬を服んで
静かに眠りに沈むのです.おやすみ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください