この手の中に抱かれたものは

おはようございます午前八時.でも
二度寝する気満々です.ひとまずは
机でもろもろ作業してからもう一度
おふとんに戻ろう,と思っていたら
同居のひとも起きていて,それじゃ
遅い朝ごはんでも食べに行きますか.
台風の影響で夜は外に出られないと
いうことなので,事前に買い出しを
しておきたいのです.では出かける.

しかしみな考えることは同じようで,
あちこちで長蛇の列がにょろにょろ.
そういう店は諦めて,あまりひとが
狙わない店に焦点を定めて入ります.
そこでごんごん運ばれてくるものを
もくもくと食べる.野菜不足ですが
ビタミン剤とかで補給しましょうか.

家に戻るころには天気も不穏になり
低気圧がずしんと身体に堪えてます.
気圧が下がるのにめっぽう弱いので
あとは家でおとなしくしておきます.
具体的にはお昼寝とか.スケールの
大きな二度寝ですね.もじゃもじゃ.

同居のひとが世界を救っている間に
その横でだらーんと睡眠を貪ります.
昼前から気づけば午後八時なのです.
同居のひとが作った晩ごはんの香り,
これで目が醒める.だけどもそれは
同居のひとがこっそりと,ひとりで
食べるためのもの.大丈夫,ぼくも
よくひとりでひっそり食べてますし.

一緒にテレビの録画を楽しみながら,
食べ終わっていたお皿を片づけます.
テレビが一区切りついて,それから
再度世界を救いに出かけるところを
眺めていたら,いけない,まだ眠い.
どうあっても瞼と瞼がくっつきます.
これはいけない,お風呂の支度など
してから,立ち上がって寝ないよう
努めます.日記を書いて落ち着いて,
そしたらお薬服んで,これでやっと
清く正しく眠れる,と言えましょう.

明日はまあそこそこ早い起床予定を
立てていますので,台風がとっとと
去ってくれればよいんですけどもね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください