同じ月を見てた

のろり.なんとなくの起床.時間は
まあ,普通の時刻です.まったりと
過ごしていると,同居のひとも無事
起き上がります.朝ごはんを食べる
元気がないそうなので,その代わり
飲み物飲んで腹を満たしてください.

今日は遅くなるから,との命を受け
ゆっくり待つ一日にする.それでは
どうぞ行ってらっしゃい.見送って
新聞を受け取って.つらつら眺めて
洗濯物を片づけます.もにゃもにゃ.

さて,それが終わったら少しお休み.
昼過ぎからくたりと寝る.どうやら
睡眠のリズムがまた乱れている模様.
ぐっと深く眠り,そのまま沈没する.

同居のひとから連絡が来る.家には
まだ帰れないんだけれど,月がもう
欠けはじめているよと.皆既月食の
とっかかりです.ちょっと寒いけど
服を着替えて外に出て,南東の空を
じっと見据える.欠けてる欠けてる.

半月くらいからじっと愛でていると
友人がたまたま通りかかる.一緒に
しばらく眺めていて,写真なんかを
撮ろうとやっきもっきしていました.
携帯電話のカメラではさすがに少し
無理があるでしょうと思っていたら,
動画に切り替えてなんとか被写体を
収めることができたようです.おお,
確かにそういう方法もあるのですね.

友人は家に帰り,ぼくはもうちょい
眺めておりました.三十分くらいは
経ったでしょうか,薄曇の中ふっと
消えそうになる月影.皆既の瞬間は
見ることができただろうと思えども
雲の中でぼやけて正体が判然とせず
残念でした.本当ならばうっすらと
赤い影が浮かぶのでしょうが,この
曇りの天気じゃさすがにそれは無理.
家に帰って暖をとります.はてさて.

お風呂の支度をして,それから夜の
ごはんを食べることにする.台所で
しばし格闘,もにゃもにゃと食べる.
同居のひとが帰ってきたら,今日の
お話を軽く聞いて,お風呂に入って
もらいます.冷えた体をしっかりと
温めてくださいね.それではお薬を
服む時刻です,睡眠をレイズします.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください