魅力的すぎたかしら

目が醒めると午前四時ちょい前です.
お腹が空いてないわけではないけど
空腹による起床ではない.たぶんね.
ともあれこれは早朝覚醒,しっかり
寝なおすことにします.では体力が
戻るといいな.寝床に沈んでひゅう.

再度目醒めるとそれなりの朝でした.
もう起きている同居のひとの朝食を
ざっくり用意して,ふたりで食べる.
それじゃあ今日も行ってらっしゃい.

サポートセンターからメールが到着,
品物が着いたので修理が終わるまで
待っててね,といったようなことが
書いてありました.従順に頷きます.
週末までに戻って来てくれたらなあ.
まあ無理なので別の手法を考えよう.

ちこりとお腹が空いたので,小さな
スープなどを食べて心を沈静化する.
ここでもりもり食べてたら不健康道
まっしぐらですから,がまんをして
できるだけ炭水化物の摂取を抑える.
よく考えたら,これまでは無意識に
お腹が空いた状態を作らないように
していたのではないかと思う.でも
空腹状態を作り出して,それをまた
自律的に耐えることが大切なのでは.
そんなことを考えながらも,空腹で
ついせめてもの水分摂取量が増える.
何度もトイレに立つはめになります.

同居のひとから連絡,それじゃまた
晩ごはんを食べに出かけましょうか.
野菜を食べて肉を食べて,それでも
米は遠慮する.蛋白質で生きていく.
途中に寄り道もせずまっすぐと帰宅.

結構遅めの時刻,お風呂の支度など.
あと,必要な環境を整えるべく奔走.
あれやこれやを確かめて,最低限で
最小限のリストを作ります.さてと
そんなことをしているうちお風呂が
湧きあがりました.さくっと入って
お薬の時間.じゃれじゃれ服みます.

だいぶ今の状態にも慣れてきました.
だけどもうちょこっとちゃんとした
設定を整えなくては.ではおやすみ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です