なんにもない男

朝.今日はねぼすけで起きられずに
同居のひとが出かける音を枕に顔を
うずめながら聞いていました.むぬ.

表に出かけようかとか思いながらも
結局どこにも出かけずに昼が過ぎて
夜が過ぎて.服は着替えたのだけど
そのままふとんに埋もれていました.

そんな中でも本を読む.字の小さい
読みにくい本ですが内容は楽しくて
イマジネーションをよく刺激される.
ギターは弾けないけれども代わりに
アコーディオンの練習をしなくちゃ.
しなくちゃしなくちゃ言ってるうち
またうろうろ時間を過ごしてしまう.

同居のひと帰宅,ちゃんと外出して
社会性を持とうねとやんわりと説教.
それはそれでおいといて晩ごはんに
出かけます.今日の出来事なんかを
報告しあうのですが,今日は何より
あんまりネタがない.それもそうだ
ほとんど寝てたんだから.それでも
なんとかなるのはどうしてなんだろ.

家に戻りまた読書.積もってるので
たまにはちゃんと消化しておかねば.
もちろんその他にもたくさん仕事は
積もっているのですが,そのへんは
なかなかはかどらないというかそも
ふたを開けてすらいない案件もあり.
いかんなーちゃんとせなあかんなー.

それでもお時間となりませばすぐに
冷蔵庫から水を取り出してごぶごぶ.
お薬をじゃらっと取り出して服むよ.
ありゃー服んじゃったらもう仕事に
ならないから今日は閉店.いけない,
いつものコースで順調に終わろうと
企んでいる.今日の反省は必ずまた
明日に活かしてゆかねばなりませぬ.
明日までそのことを憶えていたらな.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください