ちょっとズレてる

今日は外食で済ませて,早めに家に着いたので楽器を担ぐ.
胸の前にがっしょり載せながら,教則本をぱらぱらめくる.
すると譜面以前に「正しい姿勢」の写真があり,それと
比較するとどうも明らかに何かがおかしい.ピアノ式の
アコーディオンの場合なら,鍵盤と本体のラインが身体の
中心線に来るはずなのに,ふと気づくとだいぶ本体側に
ズレている.おかしいな,楽器屋で触った時から背中の
ストラップはいじっていないはずなのに….と,そこで
調律師の先生は小柄だったことを思い出す.そしてむしろ
ぼくはどちらかといえば控えめに言えば大柄なほうなので
たぶん調節しないといかんのだろうな.そんなこんなで
いろいろベルトを伸ばしたり狭めたり,正しく留める穴を
模索する.たぶんこれでいいかな? というあたりをつけて
再度担ぐ.うむ,まっすぐに中心線に来ているっぽいぞ.

そして練習.…なんだか左手が落ち着かない.というか
蛇腹を広げると,遠い! 右手は弾きやすくなりましたが
左手難しっ! でもこれがこのサイズの楽器においては
本当の距離なのだろうか.こないだまではずいぶん左側に
引き寄せて弾いていたため,左手コードボタンもなんとか
ぽちぽち押していたのですが,今日いきなり難しくなった
ような気がしますよ.左手の薬指と中指,しかも薬指が
メインベースなのでおろそかにはできない.こんなにも
使いづらい指が主要なベース音を奏でるとは,なんとも
侮りがたしアコーディオン.右手の練習はまあそれなりに
難所がありつつもゆっくり繰り返しながらクリアできるが
左手は本体は重いし,蛇腹は伸縮させなきゃいけないし,
なによりこないだまでよりも遠い! 左手の薬指が頑張って
C を探す.中指も沿えてコードボタンを押さないとっ.
さらに薬指と中指を揃えたまま上下並行移動して,G とか
F とかをきちんと捕まえないといけない.120もある左手
コードボタンの,たった6つに泣かされているのですよ.

そして右手と左手を同時に.動きませんってばこんなん!
左手で四拍子取りながら小さなボタンをてんてんてんてん,
右手ではメロディーをドミソミファレミド.右手の方は
ドレミファソしか使ってないのに,左手に集中するとつい
右手が疎かになり,右手をお行儀よくしようとするとまた
左手がぼろぼろになる.速度記号なんか無視しまくって
とにかく adagio むしろ largo いやそれ以下かもです.
リズムを合わせて,ひぃ・ふぅ・みぃ・よぅ.それでも
右手と左手が喧嘩してくれます.いずれ慣れるのだろうか.

アコニストあるいはデオン弾きになるまでにはまだまだ
かかりそうです.でもその過程を楽しむことにしましょう.
今日はここまで,楽器を降ろすと左手が痙攣中であります.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください