今歩いているこの道はいつか懐かしくなるだろう

朝.のそのそもそもそ.だけど無事に
昼前には起きて出かける.久しぶりに
普段は乗らない路線に乗って揺られて
降り立ったのはぼくが生まれたところ.

開演の1時間以上前に着いたので,少し
周囲を探索.というかコンサート会場
どこにあるかをまず探す.ほてほてと
歩き回りようやく小さな掲示を見つけ
会場を確認.知ってるひとでなければ
気づかないような場所に入口があって
おにいさんはびっくりですよ.そこで
時計を見るとまだ40分余裕が.じゃあ
腹拵えでもしましょう,同じ駅ビルの
食堂街でうな丼が500円.このお値段で
うなぎが食べられるのは幸せですよう.

さて腹もくちくなったことだし会場へ.
SNSのコミュニティでひっそり告知が
なされていた,アコーディオン教室の
修了式であります.楽器演奏を初めて
1年でも結構いろんなことができるのが
びっくり.やはり独奏ではなく合奏で
生きて来る音楽のよろこびというのが
あるのだなあ.懐かしい曲,美しい曲,
いろいろ楽しめました.後半は関西の
アコーディオン団体の会員さんによる
かっこいい独奏や合奏.すばらしいー.
タイスの瞑想曲が非常によかったなあ.

演奏会終了.楽しい気分で会場を後に
電車に乗る.が,逆方向へ.こっちに
ぼくが小さい頃住んでいた町があるの.
祖母のひとが住んでいて,幼稚園とか
小学生のころにはこちらに預けられて
育ったのですよ.ぼくの話しことばが
いろんな地域でチャンポンになってる
理由がここにあります.そんなわけで
せっかく近くまで来たし,10年ぶりで
訪れてみました.自分のルーツを辿る.

小さい頃遊んでた公園はぶっ潰れてて
大きな団地が建っていました.そして
住んでたアパートはぼろっちいながら
まだ残ってまして,まだ表札に名字も.
消されてないって事は誰も住んでない?
祖母のひとに手を引かれて歩いた道や
伯父のひとに連れてってもらった店を
歩いてみましたが,商店街はすっかり
寂れており,20年前とは全然別の店に
生まれ変わっていたりもしております.
通い詰めた本屋おもちゃ屋がすっかり
跡形もなくなってた.かろうじてまだ
古本屋が残ってましたが,雨の中だし
本を買うのはやめました.懐かしいと
淋しいが同居した気持ちでさようなら.

今の家の最寄駅で夕食をひとりで食い
家に帰る.今歩いているこの道もまた
10年後20年後には違う気持ちで歩いて
いるのでしょうか.ぼくはせめて今を
大切に生きようと心を新たにしました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください