ゼロがラヴならどうする?

昨夜は一昨日夜よりはましなものの
早寝とは言えない入眠でした.では
起きたのはいつかと言えば,夕方に
なりかけの頃でした.同居のひとは
めっぽう元気にゲームに取り組んで
おりまして,自分の昼ごはんなども
自分で拵えたようすです.よかった.

おかしな夢を見たのですが,これが
ごく近い未来のお話なので,あまり
現実をこじらせないでほしいなあと.
夢と現をごっちゃにしちゃだめだよ.

同居のひとはカーテンを開けて外を
観察しています.やっぱり風が強く
家の中に閉じこもっておくに限るね.
閉じこもるのは得意ですよ.食料も
それなりに備蓄してあるし,まるで
夏休みみたいですね.同居のひとに
そろそろ晩ごはんは,と水を向けて
みたところ,少し速いけど食べると
いうことです.ごちゃごちゃと鍋を
こすって,多分おいしくできました.
ちょっと噎せたそうで,食材選択を
ミスったかな,ごめんなさい.では
ふたりで食べ終わり,片づけますか.

同居のひとのゲームはぐんぐん進み,
ぼくはうとうとしそうなくらいです.
お風呂の支度でもしましょうかねえ.

同居のひとがさくっと入浴を終えて
またゲームに戻る.だけどやっぱり
気力の限界が来たらしく,そろそろ
眠くなってきたという.それじゃあ
さくっと寝てください,このところ
ちゃんと寝てないでしょう.体調を
整えるためにちゃんと寝てください.

ぼくもお薬を服んでちゃんと寝よう.
早く低気圧が行っちゃえばいいのに.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください