マイナス色の勘定

ほいと朝起床.朝の注射ですごい手間を取る.今回はなんだか
すごいドジっ娘ナースに当たったのか,とにかく挿すことすら
できなくてもぞもぞ.朝食前から何やら痛い目に遭ってしまう.
そのまま横になっているととろとろ眠ってしまい,看護師に
再度起こされて朝食.次に点滴を控えて回診.右手が使えないと
書き物ができなくて困る,と申告すると「じゃ,やりなおし」と
気さくなお返事.主治医自らの遥かなる点滴血管探しの旅が….
お,ほぼ一発で挿せた.さすが主治医.こういうのはやっぱり
コツとか相性とかあるんでしょうか? ともあれ楽になりめでたい.

レントゲンおよび血液検査の結果を眺めながら診察.酸素無しで
歩くことを提案される.そこそこいいとこまで行けたのだけれど
やはり30mほどの廊下を往復できない.途中で深呼吸しながら
ベッドにたどり着く.まだ少しかかるっぽい.今週末からだいたい
来週頭,という先刻.少し予定が遅れましたね.治るの? という
マイナス色の気持ちがここで初めて出てくる.これまで楽天的に,
というか考えなしに生きて来たけれど,ひょっとしたら治らないとか
そんなことを考えながらけふけふと咳をする.人生のリターンや
スキップができないのならまたいっそ,とリセットボタンを探して
しまうようなものですか.とまた縁起でもないことをうそぶく.

窓口で書類をもらい,健康保険によるなんちゃらかんちゃらの
書類にいろいろ書き込む.いろいろやっておかないと,今月は
無収入なのであとあとの支払いが大変なのですよ.市役所への
申し込みは同居のひとにやってもらうことに.特に ICU での
時間は保険適用外らしいので,自分の知らない部分でお金が
吸い取られていってしまうのは悲しい.いくらくらいかかるんだろ.
金勘定もどんどんマイナスへ傾いていってしまっております.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください